スタッフの原田、鈴木で岐阜県BCP(事業継続計画)策定支援セミナーに参加しました。

BCPとは、企業が自然災害、火災などの緊急事態に遭遇した場合に、損害を最小に抑えつつ、中核となる事業の継続や早期復旧のために、平常時にその方法や手段を決めておく計画のことです。こう聞くと仰々しく、大企業のためのもののような印象を受けますが、事業の規模に関係なく、大規模災害後大きく変わるヒトやモノ、環境に対応していけるよう、様々な状況を想定してできることややるべきことを確認しておくことは、どんな規模の事業でも復興のために必要なものです。

肝心の私たちのBCPはといいますと、南海トラフや東海地域の豪雨を想定して、被災した犬を預かる避難所開設訓練は行いましたが、しつけ教室のレッスン中に大震災が起こったと仮定した、我々の避難訓練を行っていないこと、スタッフ全員が備蓄品の把握ができていないので、リスト化することなど、策定のために準備や状況把握がまだまだ不十分なことがわかりました。

まずは今年度中にBCP第1版を作成し、スタッフ間での共有を目指します!