オーストラリア火災・洪水災害チャリティセミナー
獣医師たちが考える、今、私たちにできること

NPO法人人と動物の共生センターでは、オーストラリアの大規模火災・洪水災害に関して、負傷動物の治療を行っている、シドニー大学獣医学部に支援金を送るべく、寄付金の募集を行っています。

この度、犬の遺伝病ネットワークの今本成樹先生と協働し、チャリティセミナーを開催します。当日会場にて募金を行うと同時にクラウドファンディングを行いいますので、是非足をお運びいただき、募金にご協力いただければ幸いです。

いただいた寄付金は、負傷動物の治療にあたっている、シドニー大学獣医学部にお送りいたします。

【セミナー概要】
●日時
2020年3月15日
13:30~16:00

●場所
岩倉市生涯学習センター
研修室

●定員
100名

●講師
今本成樹(新庄動物病院・犬の遺伝病ネットワーク代表・防災士)
奥田順之(NPO法人人と動物の共生センター・獣医行動診療科認定医)
※セミナー内容は下部をご覧ください。

●参加費
任意の額をご寄付ください
※概ね3000円以上のご寄付いただけると助かります

●クラウドファンディング
セミナーには参加できないけど、支援はしたいという方のために、クラウドファンディングサイトをご用意しております。こちらのURLよりご支援ください。
https://congrant.com/project/tomoiki/1405

●参加申込
こちらのURLからお申込みください
https://forms.gle/591Fn9Eg8rby21a27

【セミナー内容】
①災害時、犬と猫と避難できますか?
~飼い主さんが知っておくべきこと~

●講師
今本成樹
犬の遺伝病ネットワーク代表
新庄動物病院院長
防災士

●セミナー紹介
ここ10年で、日本には様々な災害がありました。その際に、避難所に犬と共に避難できないために、自宅待機や車中に宿泊するなど、多くの飼い主さんが苦労された現状があります。東日本大震災を経験し、警戒区域で活動を許可され、そこで活動しました。その経験を海外の学会や国内の学会でも講演してきました。現在は、災害時の動物と一緒の行動について大学でも講義する担当する獣医師の視点から、飼い主さんに知っておいてもらいたいことをお伝えします。自分が被災者になる時だけではなく、自分が被災地とどう向き合うかについてもお話ししたいと思います。

②災害に備えて、今、私たちができることを考えよう

●講師
奥田順之
NPO法人人と動物の共生センター理事長
ぎふ動物行動クリニック院長
獣医行動診療科認定医

●セミナー紹介
今本先生のお話を受けて、会場に集まった参加者が、今日から始められることって何だろう?を考えてみたいと思います。
減災教室ペット編を用いて、参加者自らが、自身や家族の防災力をチェック!今日から、この会場の帰り道にどこに寄っていくか考えられるくらい具体的な、個人個人の防災・減災計画を作ります。
そして、自分を守る、家族を守る、自分の家の動物たちを守るだけじゃなくて、隣近所や地域の方を助ける側に回るにはどうしたらいいかを考えたいと思います。