今日は、名古屋市動物取扱業継続研修の講師をやってきました!

この9月から犬猫の販売日齢規制が49日になるのに合わせて、子犬子猫の社会化をテーマに講演してきました。今回は200人以上の取扱責任者の方にお集まりいただきました。1月と2月に1回ずつ同じ講演をさせていただきます。

さて、話の内容としては、社会化についてと言うことで、子犬子猫の発達段階の話や、どのような社会化が具体的に必要かと言う話、基本的なしつけの話をしてきました。

今回、特に注力したのが、明日から使える知識という部分です。小難しいことではなく、既に知っているかもしれないけど、意外と実践していないこと、明日からの業務に役立つものをご提供しました。

かいつまんでご紹介しますと…

1.社会化について
   ⇒ 社会化とは何か
   ⇒ 子犬子猫の発達段階について
   ⇒ ブリーダー段階で如何に社会化するか
   ⇒ ショップ段階で如何に社会化するか
   ⇒ 家庭に迎えた段階で如何に社会化するか

2.ハンドリングについて
   ⇒ ブリーダー・ショップでもハンドリングをしよう
   ⇒ どんなハンドリングが必要か?
   ⇒ ハンドリングと不安気質

3.社会化と感染症の関係
   ⇒ワクチンとの関係をおさらい
   ⇒抱っこして散歩に行っていいの?
   ⇒感染症を管理して社会化していくには

4.しつけ&社会化でよくある質問
   ⇒人がリーダーにならないと、舐められないようにしないと…って本当?
   ⇒序列の本来の意味
   ⇒体罰は百害あって一利なし
   ⇒噛み癖の動機づけはどこにある?

5.これから求められるペット産業の社会的責任とは
   ⇒社会的責任とは何か
   ⇒動物福祉と社会的責任の事例
   ⇒ペット産業が求められる社会的責任とは
   ⇒動物福祉を守れる企業が生き残る

と言う様な事をお話してきました。分かりやすく端的にシンプルにお話するように努めましたが、果たして伝えられたかどうか…伝え方も今後ブラッシュアップしていかなければですね。

資料をアップしました!
良ければ確認してくださーい。
http://hasc.sakura.ne.jp/160906-nagoya-open.pdf

ペット販売業の持続的な経営に必要な社会的責任の考察
参考資料の方もこちら
http://hasc.sakura.ne.jp/160306-pet.pdf

ご参加いただいた取扱責任者の皆様、お招きいただいた名古屋市様、ありがとうございました!!