「ペット産業の変革を加速せよ!CSR白書発行プロジェクト」
クラウドファンディング開始しました!
ぜひ、シェア&ご支援お願いいたします!!!!!

色々言われているペット産業。色々課題を抱えているペット産業。遺伝性疾患、社会化など行動面への配慮、繁殖引退犬…様々な課題が山積しています。

ペットショップなんてなくなればいい!という声も良く耳にします。しかし、なくなればいい!と言っているだけでは前に進みません。

本当に重要なのは、ペットショップそのものをなくすのではなく、そのやり方を変えること。生体販売の仕組を変えていく事です。「ペットショップをなくせ!」という言葉はシンプルで分かりやすいし感情に訴えるものかもしれませんが、そこで思考停止し、感情に任せれば、その訴えは一部の人のみで共感される言葉となり、社会に影響を与えるものではなくなります。

そうではなく、冷静に客観的に、ペットショップがより良い経営をするための情報を、丁寧にコミュニケーションしていく事が、最も効率的にペット産業の変化を促すと考えています。

ペット産業は、人とペットの共生社会を創ることが使命であり、ペット産業の社会的責任=CSRです。ペットショップを否定するのではなく、ペットショップがよりその使命を果たし、責任を全うできるように、支援する事こそ必要です。

ペット産業CSR白書では、三菱UFJリサーチ&コンサルティングの支援を受け、実施した調査内容や、ペット産業のCSRの概念の概観、CSR推進のための提言を取りまとめ、NPO法人人と動物の共生センター代表である奥田順之獣医師(獣医行動診療科認定医)が全編執筆しています。

この分野に興味のある方には、絶対に損はさせない内容になっていると思います。クラウドファンディングご協力いただいた方には、白書他様々なリターンを用意しております。

ページの方にも書きましたが、クラウドファンディングで得たいのは、お金もそうですが、多くの人の応援です。ペット産業のCSRという概念を広げることが、ペット産業を変えることになると確信しています。しかし、その影響力はまだ十分ではありません。ペット産業のCSRという概念を認知してくれる人、白書で学んでくれる人、それを各自のSNSやブログで広めていくれる人、より進めていきたいと言ってくれる企業が合ってこそ、ペット産業のCSRという概念に影響力が生まれます。

皆さんの力が必要です!ぜひ応援してください!ぜひ読んでください!ぜひ広めてください!!!!