”愛する家族に安心を遺す”ペット後見互助会とものわ、の社会面にてご紹介いただきました!万が一に備え、飼い主さんたちが支え合えるプラットフォームになっていきます。

(記事より引用)
犬のしつけ教室などを展開するNPO法人「人と動物の共生センター」(岐阜市岩地、奥田順之理事長)は、犬や猫を飼う高齢者が認知症や病気になった際、犬猫を預かったり、新しい飼い主に譲渡したりする新事業「ペット後見互助会とものわ」を始めた。飼育にかかる費用を、会費や死亡した際の「遺贈」という形で募り、互助会で管理するのが特徴。奥田理事長は「誰もが最期までペットと暮らせる社会づくりに貢献したい」と話す。