現在日本では、年間約5万頭の犬猫が殺処分され、野外で死亡する猫の数は、殺処分数の8倍にのぼります。犬猫の問題に限らず、畜産においても動物の福祉に関して取りざたされることが多くなっています。世界的にはケージフリーの鶏卵が当たり前となってきている中、2020東京五輪の畜産物調達基準は、前五輪から後退し、参加するメダリストが連名で調達基準の見直しを訴える事態となっています。

 人は動物の恩恵を受けて生活していますが、その動物たちの飼育環境、福祉の状態をどのように考え捉えていくかという面について、我々の社会は無知であり、無知であるがゆえに、多くの動物たちの福祉を、知らず知らずのうちに侵害してしまっています。動物に関わる活動をしている人ですら、動物福祉に関する理解は十分でなく、だからこそ、一般社会への理解を広めるという段階に至っていません。

 本セミナーシリーズでは、動物の認知心理学・動物福祉がご専門で、東山動物園の企画官として活躍されている、上野吉一先生をお招きし、セミナー/ワークショップを通じて、動物の福祉と倫理についてじっくり学んでいきます。

 動物に関わる職業人や、ボランティア活動を行っている方を対象に、動物福祉に関する理解を深めると同時に、人と動物が共に生活していく中で判断の指針になる倫理について学ぶ場を作ります。そして、それらを学んだ人が、各自の現場においてその学びを活かし、仕事や活動に取り入れることで、人と動物がより良い形で共生できる社会づくりに貢献することを目的にしています。

セミナー『動物の福祉と倫理』概要

日 程:2019年7月1日・9月9日・12月2日・2020年3月2日
時 間:10:30~15:30
場 所:ウインクあいちセミナールーム 1203
講 師:上野吉一先生
    (東山動植物園企画官/元京都大学霊長類研究所准教授)
定 員:各回50名
参加費:2000円/回(当日支払・現金のみ対応)
    8000円/4回(1回目に4回分支払うことができます)
対 象:動物に関わるボランティア活動を行っている方
      犬猫に関わるボランティア活動者
      動物の福祉に関わるボランティア活動者
    動物に関わる仕事をしている方
      獣医師/動物看護師/トレーナー
      ペットショップ職員/動物園職員
      行政職員/公共団体職員
主 催:特定非営利活動法人人と動物の共生センター

セミナー内容

セミナー形式の情報提供及び、ワークショップ形式による参加型のプログラムを組み合わせて実施します。

セミナー内容(仮)※内容は開催までに変更されることがあります

7月1日 第1回
『動物福祉とは何か?』
-動物愛護と“日本的”動物福祉-

9月9日 第2回
『動物のココロ“認知と情動”』
-恐怖とは何か?怒りとは何か?喜びとは何か?-

12月2日 第3回
『環境エンリッチメントと動物の幸せ』
-動物が主体性と潜在能力を発揮するために-

3月2日 第4回
『生きていることは、すなわち幸せなのか?』
-心身の健全性と生物学的幸福論、客観的判断と主観的判断の間で-

講師紹介

上野吉一先生(名古屋市東山動植物園 企画官)
1960年、岩手県生れ。1986年、北海道大学農学部卒業。1993年、北海道大学大学院文学研究科修了。1994年、京都大学より学位「取得。1994年から北海道大学実験生物センター助手となり、2000年より京都大学霊長類研究所附属人類進化モデル研究センター助教授(准教授)を努めた。2007年に大学を辞し、名古屋市東山動物園の企画官へと転身し、新しいコンセプトの動物園作りを目指している。専門領域は、味覚・嗅覚に関する比較認知行動学、動物福祉学、動物園学。ヒトを含めた動物の”心”や、動物の視点に立った動物の取り扱いの研究などをもとに、動物園の改革を目指した、展示を含めた施設運営や環境教育の方法論の研究もおこなっている。主な著書・翻訳書は、『動物福祉の現在 – 動物とのより良い関係を築くために(共著、農林統計出版)』、『動物園のつくり方 – 入門 動物園学.(分担翻訳、農林統計出版)』、『心の進化 – 人間性の起源を求めて(共著、岩波書店)』、『グルメなサル香水をつけるサル(講談社)』、『Primate Origin of Human Cognition and Behavior, 共著、Springer-Verlag』ほか。

申し込み

以下の申し込みフォームよりお申込みください。
お申込み受け付け後、5日以内に受付完了メールをお送りさせていただきます。

【申し込みフォーム】

賛助会員入会のご案内

特定非営利活動法人人と動物の共生センターでは、活動を応援いただける、賛助会員(ともいきサポーター)を募集しております。

本セミナー実施に関しましても、会場費のみ参加費で賄わせていただき、その他の費用については、皆様からのご支援を役立てさせていただいております。

年会費は3000円となっております。以下のリンクから、お申込みいただけますので、是非ご協力ください。