ペット後見互助会とものわ(編集用)

  • HOME »
  • ペット後見互助会とものわ(編集用)

ペット後見互助会は、万が一の際に、ペットを引き取り、終生飼育をするための互助会です


現在、日本では一年間に4万頭を超す犬猫が保健所に持ち込まれています。中でも、高齢の飼い主さんが、急な入院や要介護になることや、突然死去されることで飼えなくなってしまうケースが年々増え続けています。

「飼えなくなってしまうかもしれない。もし、自分が飼えなくなった時、それでもこの子を飼い切る責任を果たしたい。」

ペット後見互助会とものわは、そういったお声に応えるため、飼い主さんが飼えなくなった時に備えたサービスとして産声を上げました。

本会は東海3県を中心に、万が一飼えなくなった場合に備え、ペットを終生飼育するためのサービスを提供しています。
高齢の単身・夫婦のみの世帯が増え、飼育困難に陥る世帯が増えています。
私たちは、さいごまで飼う責任を互助会によって支え合い、助け合える社会を目指しています。是非ご協力いただけると幸いです。

 

 

 

tel
※ 電話相談(2020年度まで無料)、資料請求は随時受け付けております。
こちらの電話番号よりお問合せいただき、「とものわについて」とお伝えください。

 

ペット後見互助会とは?|遺産を活用した終生飼育の仕組み|

ペット後見互助会とものわは、広く一般の飼い主さんが、するための互助会です。互助会に参加する会員の方々は、「今は飼育に問題はないけど、これから入院したり病気になって世話ができなくなったらどうしようか…」と考えている方たちです。会員は、入会金+事務手数料(10万円)、月々の会費(1,000円)と、終生飼育費用(100万円~)を遺していただくことによって、動物たちの飼育費用を互いに賄い合います。互助会はこの資金を使って、会員が倒れたり、要介護になって世話ができなくなった時に、ペットを保護し終生飼育をするという、いわば保険のようなサービスです。

終生飼育は、新しい飼い主を探せる場合は、新しい飼い主への譲渡を目指し、動物が高齢であったり病気があったりして譲渡が難しいときは、老犬老猫ホームなどで終生飼育します。

 

サービス概要

①個別相談

資金の遺し方や、終生飼育の方法(老犬老猫ホーム/家庭への譲渡等)の選択肢をご説明します。

それぞれの家庭の状況に合わせ、最適な方法を一緒に考えます。

 

 

②契約作成・入会

終生飼育の枠組みが固まった後、互助会へ入会していただきます。
入会時に、互助会による終生飼育を保証するための終生飼育契約書を交わします。

・入会金   :50,000円
・契約書作成等事務手数料 :50,000円
・月会費   :1,000円

 

③見守り・緊急対応

飼い主の怪我・病気・入院・死亡などにより、ペットを飼育できない状況となった場合、緊急的な保護を実施します。
退院等が叶わなく、再度飼育することが困難な場合、互助会がペットの所有権を受け継ぎます。

 

④終生飼育

譲渡が可能な場合は新しい飼い主を募集し、家庭での生活を目指します。
譲渡が難しい場合は老犬老猫ホームで終生飼育します。
いずれの場合も互助会は適切な飼育がされていることを定期的に確認していきます。

・終生飼育費用:100万円 (飼えなくなった場合のみ必要)

 

もっと詳しく知りたい方のために

高齢者とペットの共生問題について
提携する老犬老猫ホーム、保護シェルター
サポートメンバー
入会規約
FAQ

 

高齢者とペットの共生問題について

現在日本は超高齢化社会に突入しており、それに相まって周囲とのつながりの菲薄化も強くなってきています。
それに付随した問題として、飼い主が怪我、入院、介護、死去によりペットを飼育し続けることが困難な事例が増えています。
事実、保健所や愛護センターに収容される犬のうち、多くが飼い主が高齢者の場合によるものです。

現在日本では、ペットを飼っていますが飼い主さまに何かあった場合、飼えなくなる可能性がある人がどれほどいるかを考えてみます。

まずペットを飼っている高齢者(60~79歳)が680万人います(ペットフード協会調べ)。
高齢者(60~79歳)のうち、困ったときに周りに頼れる人がいない方は全体の2.73%です(内閣府調べ)。

これらより、ペットを飼っているけれど、万が一自分が飼えなくなった時に困るという高齢者(60~79歳)がどれぐらいいるかというと、

680万人 × 2.73% = 約18万60000人  です。

しかし、この数値は80歳以降の方や40代、50代でお困りになる方は加味できておりません。
そのため、実際はもっと多くの困りごとを抱えた人がいると想定されます。

また、困りごとを抱えた方々が必ずしも1頭だけ飼っているわけではありませんので、社会から溢れてしまう犬猫は潜在的にさらに多くいると考えられます。

そういった社会的課題の持続可能な受け皿づくりの一つとして、「ペット後見互助会とものわ」を立ち上げました。

提携する老犬老猫ホーム、保護シェルター

ONELife

 

当法人の適正飼育普及活動のための事業であるONELifeはペットホテルを運営しております。
緊急保護後の一時預かりのため、ペットホテルで飼育管理させていただき、飼い主様が飼えるようになるまでお預かりします。
万が一、継続的に飼育できない状況に陥った場合、以下の施設にて終生飼育させていただきます。

 

 

ペットホテル&グルーミング セカンドハウス

 

岐阜県羽島市にあるペットホテル、トリミングサロン、老犬ホームを兼ねた施設です。
「セカンドハウス」は、飼い主様やペットさんたちの生活になくてはならない”おうち”です。
皆様にとって 2 番目のおうちのように、あたたかく頼られるお店であり続けたいという思いの元、
当会のサポートメンバーである渡辺が運営しております。

 

 

出逢いの森

出逢いの森は犬の保護施設を中心とした複合施設です。
ドッグラン、カフェ、カルチャースクール、ショップ、バーベキューなどの事業と同時に、犬の保護活動を行っております。この施設で生まれる様々な出逢いが、人と犬、人と人を紡ぎ、人も犬も共に幸せに生きていける社会を目指すという思いの元、
当会のサポートメンバーである田口が運営しております。

 

サポートメンバー

とものわは、多様なサポートメンバーの皆様に支えられています。

小島寛司(弁護士)

犬猫は法律では物ですが、大切な家族でもあります。その家族を守るのもまた法律です。飼い主さまが飼えなくなった後に問題が発生しないように、安心できるサポートをいたしますので、お気軽にご相談ください。

田口尚也(家庭犬トレーナー)

日々、シェルターには、飼い主のいない犬が保護されてきます。保護される犬猫を減らすためには、飼えなくなる前から、飼えなくなった時のことを考えて育てていってあげてほしいと思います。

遠山眞人(行政書士)

ペットのための信託も身近なものになってきました。しっかり遺産を残したいのであれば、信託は非常に有効な手段です。民事信託を使って、愛する家族に財産を遺したいと考えている方の相談に乗らせていただきます。

鵜海敦士(行動診療科獣医師)

  • 人と動物の共生センター 常勤職員
  • ぎふ動物行動クリニック 獣医師

岐阜市を中心に、代表の奥田と共に、行動診療を実施しております。ペット後見互助会とものわの運営と行動診療を通して、動物たちと飼い主様が最後まで幸せに歩んでいけるようサポートいたします。

須崎隆久(ファイナンシャルプランナー)

高齢の飼い主さまは、ペットの心配はされているけれど、ご自身の住まいをどうするかなど、ライフプランまで考えられていないこともあります。今はペット可の高齢者施設もありますので、ペットと住居の問題を合わせて解決できるようなライフプランを、ご提案します。

渡邊英毅(老犬老猫ホーム)

高齢になった犬猫たちが安心して休める老犬老猫ホームを運営しています。犬猫たちが満足できる、安心できる二つ目の家、セカンドハウスをご提供いたします。

入会規約

ペット後見互助会『とものわ』規約

〇第1条(名称)
本会は、ペット後見互助会『とものわ』(以下本会)と称する。

〇第2条(目的)
本会は、会員に対し、会員が飼育しているペットを終生飼育するための事業を実施し、会員が安心してペットとの生活を営めるようにすることを目的に活動する。

〇第3条(事業)
本会は、第2条に掲げる目的を達するために、以下の事業を実施する。
1)ペットの飼育困難に備えるためのセミナー事業
2)ペットの飼育困難に備えるための個別相談事業
3)飼育困難に陥った会員のペットの一時預かり事業
4)飼育困難に陥った会員のペットの引き取り事業
5)会が引き取ったペットの新しい飼い主探し及び譲渡事業
6)前5号に掲げるもののほか、必要と認められるもの。

〇第4条(運営主体)
本会の運営は、特定非営利活動法人人と動物の共生センター(以下運営者)が行う。

〇第5条(事務所の所在地)
本会の事務所は、特定非営利活動法人人と動物の共生センター事務所内に置く。

〇第6条(会員)
会員は、本会の目的に賛同し、互助の精神をもって、会の活動に協力する意思を持つ者とする。

〇第7条(仮入会)
会員として入会しようとする者は、本会の実施する個別相談もしくはセミナーを受講した後、別に定める仮入会申込書を本会に提出し申し込むものとする。本会は仮入会申込に対して、仮申込書を受領した14日以内に仮入会の可否を入会しようとする者に伝えなければならない。

〇第8条(会員動物の登録)
会員は、仮入会時に、会員が飼育している動物で、本会の終生飼養の支援を受けようとする動物について、会員動物登録を行わなければならない。本会は、本入会した会員の飼育している動物であって、且つ、会員動物として登録された動物のみを終生飼養の支援対象とする。

〇第9条(本入会)
仮入会した者は、別に定める書式に沿って、以下の書類を作成し、本会に提出することで、本入会することができる。
1)獣医師が発行した会員動物の健康状態がわかる書類
2)会員動物の終生飼養のための費用を含む、本会の運営費用として、本会に対し、100万円以上の金額を目安とする金銭を、遺贈、贈与、信託等の方法により支払う旨をあらわした、遺言書、契約書等で本会と内容についての協議を経たものの写し

〇第10条(会員資格の更新)
1)会員の更新は、年度ごとに行う。
2)会員の更新は、事業継続が不可能にならない限り、次年度について自動更新とする。
3)年度内に会員の飼育しているペットが死亡した場合、自動更新を行わない。
4)更新を希望しない会員は、年度終了の1ヶ月前までに次年度以降退会する旨の退会届を提出するものとする。

〇第11条(会員資格の喪失)

会員は、次の事由に該当するときは、その翌日から会員の資格を喪失する。
1)会員が死亡したとき
2)退会届を提出したとき
3)会費を3か月以上滞納したとき

〇第12条(入会金及び会費)
1)会員は、前条に掲げる費用として、以下に掲げる入会金及び会費を負担する。
ア)入会金 50,000円
イ)契約書作成料等事務手数料 50,000円
ウ)月会費

会員動物の数
1頭 2頭 3頭 3頭以上1頭当たり
会員 1,000円 2,000円 3,000円 1,000円ずつ追加

2)入会金は本入会申込時に支払うものとする。
3)会費の負担は本入会日の所属月から退会日の所属月までとし、月の途中で本入退会した場合であってもこれを減額しない。
4)会費は、口座振替による自動引き落としによって支払うものとする。
5)退会した場合であっても、入会金、月会費の返金は行わない。

〇第13条(会員動物の緊急保護)
1)本会は、会員が、身体の不調・認知機能の低下・要介護状態等の理由によって、一時的に会員動物を飼育できなくなった際に、会員からの依頼を受けて、もしくは、会員の生活にかかわっている関係者からの依頼を受けて、会員宅まで訪問し、会員動物の身柄を保護(以下緊急保護という)する。
2)緊急保護した会員動物は、会員が会員動物を飼育できる状態になるまで、本会が責任をもって管理する。
3)緊急保護期間に要した費用については、訪問時・お返し時の交通費実費、ホテル料金、及び、会員動物の必要に応じた医療費を、会員に請求するものとする。

〇第14条(会員動物の引き取り)
1)本会は、会員が、会員動物を飼育できない状態になった場合に、会員動物を引き取り、終生飼養するものとする。
2)会員が、会員動物を飼育できない状態になった場合になったかどうかの判断については、会員と本会の協議の上、本会が決定するものとする。
3)会員が、会員動物を飼育できない状態になった場合で、会員が本会に対して意思表示できない状態にあるときは、本会が一時的に会員動物を保護し、会員が意思表示できる状態になった後に、所有権譲渡について協議するものとする。ただし、本会が会員動物を緊急保護してから90日間意思が確認できない場合は、会員動物の所有権は本会に移るものとする。

〇第15条(会員動物の終生飼養)
1)会員動物が一般家庭に譲渡可能な場合、可能な限り一般家庭への譲渡を行うものとする。
2)会員動物が一般家庭に譲渡不可能な場合、本会と連携する老犬・老猫ホーム、保護施設等で終生飼養するものとする。
3)痛みを伴う疾病、老齢による心身機能の低下等により、会員動物の動物福祉が侵害される場合は、動物福祉の観点に立って、複数名の獣医師の協議の元、適切な処置を行うものとする。

〇第16条(規約の改正)
本規約を改正する場合、本会は会員に対して、年度更新の2ヶ月以上前に告知しなければならない。

〇第17条(規約の遵守)
会員と運営者は、会の活動にあたり、本規約を誠実に遵守しなければならない。

〇第18条(管轄裁判所に関する合意)
本会に関わる事業において、会員と運営者で紛争が生じた場合は、岐阜地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

 

FAQ

  1. Q どれぐらい費用がかかるの?

    A 入会金 5万円、事務手数料 5万円 が初期費用としてかかります。
    月会費 1,000円/月 が維持費用としてかかります。(年払いも可能です)
    入会後、万が一飼えなくなった場合は終生飼育費として100万円~が必要になります。

  2. Q なんで100万円が必要なの?

    A  当会は互助会のため、飼えなくなったペットを会員の皆様が互いに支え合うという形で運営させていただいております。
    簡単に言うと保険のような仕組みで、一般的な老犬老猫ホームであれば、年間60万円前後かかってきますが、当会の仕組みでは会員の皆様から集められた上記の資金で飼えなくなったペットの終生飼育資金をフォローし合います。
    そのために、万が一のために一人最低100万円~ご用意いただくことによって、運営可能な試算となっております。

  3. Q 飼い切れた場合はどうなるの?

    A  納めていただいた入会金、事務手数料、月会費をご返金させていただくことはできませんが、終生飼育費についてはそのままご返金させていただけます。
    (託生命保険信託の場合は保険解約の解約返戻金として)

  4. Q 1か月や2か月程度の怪我や入院の場合はどうなるの?

    A  一時的な飼育困難時ではONELifeのペットホテルで飼育管理させていただき、通院や入院後に飼育可能であればご自宅へお戻しさせていただきます。
    (ペットホテルの利用料としては別途 3,000円/日 をお支払いいただきます)

  5. Q 今もうすでに飼えない状態なのですが、どうしたらいい?

    A  当会の仕組みは入会者のみに適応させていただいておりますが、すでに飼えない方からのお問い合わせも多くあります。当法人としてご協力できる部分は他にもあるかもしれませんし、ノウハウとコネクションは広く持ち合わせております。
    どんな状況でも一度ご連絡いただき、こちらからどういったご支援ができるか、ご相談させていただければと思います。

  6. Q 飼えなくなった場合、どうやって保護してもらえるの?

    A  ご自宅まで当会スタッフがお迎えにあがり、ONELifeにて一時的に預かります。飼い主様が動けない状況でも、承諾の元保護にあがらせていただきます。

  7. Q 飼育施設の見学はできる?

    A  はい、可能です。事前にお電話でご連絡いただければ日程を調整いたします。

  8. Q 個別相談は有料?

    A 2020年度末までは無料でご相談いただけます。ただし、片道30km以上のご依頼は交通費実費のみ頂いております。

  9. Q 相談したいのですが、どこに連絡すればいいの?

    A NPO法人人と動物の共生センター事務局の受付まで「とものわについての相談」とご連絡ください。
    電話番号:058-214-3442 MAIL:info@tomo-iki.jp

 

その他ご不明な点やご相談などございましたら、下記のご連絡先までお電話ください。

tel
※ 電話相談(2020年度まで無料)、資料請求は随時受け付けております。
こちらの電話番号よりお問合せいただき、「とものわについて」とお伝えください。

お気軽にお問い合わせください TEL 058-214-3442 (営)水~日/9:00-18:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © NPO法人人と動物の共生センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.