人と動物の共生大学とは?

共生大学犬猫

次世代の活動者が共に学び、実践する、オンライン市民大学です。

  • 人と動物の共生に向けて何かしたいけど、何から始めたら…
  • 高齢者でも最後まで飼える社会にしたいけど、どうしたら…
  • 飼い主に適正飼育の方法を伝えたいけど、どう伝えたら…
  • ペット防災を地域で広めたい、何かヒントは…

そんな思いを持っている方が、講師の話を聴き、仲間と出会い、対話を通して、「自分にもできることがある!」「私はこれに取り組もう!」と感じ、人と動物の共生のために活躍できる場です。


様々な分野のオンライン講義やゼミを開講しています。

人と動物の共生大学では、実際に大学で教鞭を執る講師や獣医師、動物支援活動を行っている実践者を招き、講義を開催しています。

また、一方的に学ぶだけでなく、ゼミ活動として仲間と共に行動を起こす実践活動も行っています。

会員の方は、様々な分野の講義やゼミに横断的に受講・参加することができます。

人と動物の共生社会創りに向けて、できることを一緒に考え実現させていきましょう。

参加方法

・「Facebookグループ」もしくは「LINE公式」へのご登録をもって参加となります。

・以下のボタンをクリックして登録にお進みください。両方のご参加も大歓迎です。(ご案内の内容は同様です)

・最初のアクセスで表示される質問へのご回答と、グループルールへの同意をしてください。

・参加承認には、営業日により最大3日程度お時間をいただく場合がございます。

・Facebookグループはグループ内投稿にて、LINE公式はメッセージにて、講義やゼミのスケジュールや参加URLをご案内しています。

ゼミのご紹介

共生大学のイベント最新情報

Comments Box SVG iconsUsed for the like, share, comment, and reaction icons
[動物×法律]その現在地と活動のポイントは?【無料配信】

[動物×法律]その現在地と活動のポイントは?【無料配信】

4月 21, 1:30pm

〒〒500-8225 岐阜市 (Japan・岐阜県)岩地2-4-3 地図

動物のために活動していると、たびたび「動物と法律」について考えなければならなくなります。近所の餌やりによる糞尿被害、虐待の通報、生活困窮者の動物の所有権などキッカケはさまざま。日ごろ法律と関わることが少ない私たちは、基本的にどのような考えを持っておけばスムーズな問題解決につなげていけるのでしょうか。

今回は、2022年に設立された「どうぶつ弁護団」の細川敦史弁護士、そして地域猫などの活動に参加され現場にも精通される中島万里弁護士をお迎えし、「動物と法律」の現在、そして活動していく上でのポイントについてお話を伺います。

───────────────────
■開催日時
───────────────────
2024年4月21日(日)13:30〜15:00(予定)

※1か月限定のアーカイブ配信も予定していますが、ご視聴の皆さまとの質疑応答も行う予定です。ぜひリアルタイムでご参加ください。

───────────────────
■講師
───────────────────
細川敦史 弁護士(春名・田中・細川法律事務所、特定非営利活動法人どうぶつ弁護団 理事長)
中島万里 弁護士(弁護士法人名古屋北法律事務所、おおぶ地域ねこの会)
鈴木恵美子(MC)

───────────────────
■対象
───────────────────
・動物のために活動している方、活動してみたいと思っている方
・動物に関連する法律に関心のある方

───────────────────
■参加・視聴方法
───────────────────

人と動物の共生センターのFacebookグループとYouTubeチャンネルにて同時ライブ配信いたします。

1. 人と動物の共生大学の「Facebookグループ」に参加、または「LINE」に登録ください。
(参加・登録無料)

▼Facebookグループ
www.facebook.com/groups/kyouseidai

▼LINE
step.lme.jp/landing-qr/1657145264-oXGnVmOX?uLand=K1OIOD

※参加希望の方は、登録の際に表示される3つの質問に必ずご回答ください。
※参加の承認まで最大3日程度お時間をいただく場合がございます。

2. 後日Facebookグループ内にて告知、またはLINEにて配信されるURLより参加・視聴ください。

3. 参加人数把握のため、参加予定の方は本イベントページの「参加予定」ボタンを押してください。
(Facebookグループに参加の方のみ)


───────────────────
■お問い合わせ
───────────────────

本件に関するご質問・ご意見は、下記よりお願いいたします。
human-animal.jp/contact


=============================

<人と動物の共生大学とは>

動物のために何かしたい…あなたに。
人と動物の共生大学は、人と動物の共生のために「何かしたい」と思っている人が、その「何か」に出会える場を目指しています。
「問題行動解決ゼミ(理論編・症例編)」「動物幸福論ゼミ」「ペット後見ゼミ」など、人と動物の共生を創るためのオンラインセミナー&ワークショップを開催しています。

● 人と動物の共生に向けて何かしたいけど、何から始めたらいいのか…
● 高齢者でも最後まで飼える社会にしたいけど、どうしたら…
● 飼い主に適正飼育の方法を伝えたいけど、どう伝えたらいいのだろう…
● ペット防災を地域で広めたい、何かヒントはないだろうか…

そんな思いを持っている方が、講師の話を聴き、メンバーと出会い、対話を通して、「自分にもできることがある!」「私はこれに取り組もう!」と感じてもらえる場にしたいと考えています。


月々500円からの共生大マンスリーサポーターも募集中!
congrant.com/project/tomoiki/6037


++++++++++++++++++++++++


当NPOが主催するセミナーやゼミは、皆さまのご寄付により成り立っております。
支援をご検討いただける方はこちらをご覧ください。
human-animal.jp/support

(皆さまからのご支援の利活用の状況は、公式サイトの会計報告にてご覧いただけます。)

=============================
主催:認定NPO法人 人と動物の共生センター
human-animal.jp/
... もっと見る表示を減らす

48 興味あり  ·  7 興味あり
Facebook で表示
·シェア
Share on Facebook 動物のために活動していると、たびたび「動物と法律」について考えなければならなくなります。近所の餌やりによる糞尿被害、虐待の通報、生活困窮者の動物の所有権などキッカケはさまざま。日ごろ法律と関わることが少ない私たちは、基本的にどのような考えを持っておけばスムーズな問題解決につなげていけるのでしょうか。...Share on Twitter 動物のために活動していると、たびたび「動物と法律」について考えなければならなくなります。近所の餌やりによる糞尿被害、虐待の通報、生活困窮者の動物の所有権などキッカケはさまざま。日ごろ法律と関わることが少ない私たちは、基本的にどのような考えを持っておけばスムーズな問題解決につなげていけるのでしょうか。...Share on Linked In 動物のために活動していると、たびたび「動物と法律」について考えなければならなくなります。近所の餌やりによる糞尿被害、虐待の通報、生活困窮者の動物の所有権などキッカケはさまざま。日ごろ法律と関わることが少ない私たちは、基本的にどのような考えを持っておけばスムーズな問題解決につなげていけるのでしょうか。...Share by Email 動物のために活動していると、たびたび「動物と法律」について考えなければならなくなります。近所の餌やりによる糞尿被害、虐待の通報、生活困窮者の動物の所有権などキッカケはさまざま。日ごろ法律と関わることが少ない私たちは、基本的にどのような考えを持っておけばスムーズな問題解決につなげていけるのでしょうか。...
【ペット後見事業者勉強会】共にペット後見の取り組みを。

【ペット後見事業者勉強会】共にペット後見の取り組みを。

4月 23, 1:00pm - 4月 23, 2:30pm

「私が死んでも、最期までこの子を幸せにしたい…」
そんな想いに応えることができる仕組みがあることをご存知でしょうか?

「ペット後見」とは、飼い主の入院や死去などによってペットを飼えなくなる事態に“備える”仕組みです。あらかじめ飼育費用、飼育場所、支援者をコーディネートしておくことで、大切なペットの命とその余生を守ることができます。


私たち人と動物の共生センターは、2017年に「ペット後見互助会 とものわ」を発足し、誰もが、最後まで安心してペットと暮らせる社会を目指して、ペット後見の普及に取り組んできました。(https://human-animal.jp/actions/pet-kouken)


【共にペット後見の取り組みを推進したい方向けの事業者勉強会を毎月開催!】

ペット後見のしくみを普及させるためには、相談ができる場所や、飼育施設、日々の見守りなど、飼い主とペットをとりまく様々な事業者の連携が必要になります。この取り組みをより広げていくために、月に1回「ペット後見事業者勉強会」を主催し、ペット後見事業にかかわる事業者や個人の皆様と事業のブラッシュアップや知見交換を行っています。
ペット後見の推進にご興味のある方はぜひご参加ください。

※2023年5月から本勉強会の名称を「ペット後見事業者勉強会」へ変更し、参加対象がペット後見に取り組む事業者・個人の方となりました。ペット後見の利用にご興味のある飼い主の方はペット後見webページよりお問い合わせ頂くか、今後開催予定の飼い主の方向けオンラインセミナー等にご参加ください。

───────────────────
■開催日時
───────────────────
2024年4月23日(火)13:00~14:30
───────────────────
■テーマ
───────────────────
・ペット後見全体進捗共有
・事業者間情報共有・相談・交流タイム
・意見交換

<話者>
奥田 順之
-認定NPO法人人と動物の共生センター理事長
-ペット後見互助会とものわ発起人
-獣医師
───────────────────
■対象
───────────────────
・ペット後見の取り組みに興味がある、実践している個人や事業者
例:
−ペット後見の相談や契約に関する団体
(行政書士、弁護士、生命保険会社 等)
-ペットの預かりや終生飼育が可能な団体
(ペットホテル、ペットサロン、保護猫/犬団体)
-その他、ペット関連の団体
(ペットシッター等ペットに関連するサービスを行っている方)
など

───────────────────
■参加・視聴方法
───────────────────

forms.gle/GFzUEyKxzwGk3ucD6

上記申し込みフォームよりお申し込みください
(送信頂いた方にzoomアドレスをご案内します)

※勉強会には【人と動物の共生大学グループ】に事前参加いただく必要がありますので、未参加の方は下記リンクよりご参加ください(参加無料。facebookグループか公式LINEどちらかへの参加をお願いします。)
★Facebook
www.facebook.com/groups/kyouseidai
★LINE
qr.paps.jp/2tPZ0

───────────────────
■お問い合わせ
───────────────────
ご質問・ご意見は、下記よりお願いいたします。
human-animal.jp/contact
=============================
<人と動物の共生大学とは>
動物のために何かしたい…あなたに。
人と動物の共生大学は、人と動物の共生のために「何かしたい」と思っている人が、その「何か」に出会える場を目指しています。
「問題行動解決ゼミ(理論編・症例編)」「動物幸福論ゼミ」「ペット後見ゼミ」など、人と動物の共生を創るためのオンラインセミナー&ワークショップを開催しています。
● 人と動物の共生に向けて何かしたいけど、何から始めたらいいのか…
● 高齢者でも最後まで飼える社会にしたいけど、どうしたら…
● 飼い主に適正飼育の方法を伝えたいけど、どう伝えたらいいのだろう…
● ペット防災を地域で広めたい、何かヒントはないだろうか…
そんな思いを持っている方が、講師の話を聴き、メンバーと出会い、対話を通して、「自分にもできることがある!」「私はこれに取り組もう!」と感じてもらえる場にしたいと考えています。
++++++++++++++++++++++++
当NPOが主催するセミナーやゼミは、皆さまのご寄付により成り立っております。
支援をご検討いただける方はこちらをご覧ください。
human-animal.jp/support
(皆さまからのご支援の利活用の状況は、公式サイトの会計報告にてご覧いただけます。)

=============================
主催:認定NPO法人 人と動物の共生センター
human-animal.jp/
────────────────────────
... もっと見る表示を減らす

25 興味あり  ·  4 興味あり

人と動物の共生大学に参加する

ご質問・ご意見・お問い合わせは下記フォームよりお送りください。